■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヨスガノソラ 第4話 ハルカズハート
[一葉はヴィオラに託して、瑛を見捨てた父のことに複雑な感情を抱いていた。瑛が過労から熱を出して倒れたことを聞き、悠に夢中になって瑛が疲れていることに気付かなかった自分も、父親と同じ、と思ってしまう。そしてヴィオラの練習も、悠のことも放り出して瑛の面倒を見ようとするが、瑛は一葉が無理して自分の面倒を見ようとする理由は父親を責めたいからだということ、そしてその父親は自分に対し良い人であることを語る。 ]

BS11組。
一線を越えた・・・のかな。
悠の方が脱いでなかったので、単に睦み合っていただけ、ともとれますが、別にはいていてもできなくはないし、若い情熱を思うと、あそこまでいってしてない、という方が不自然ですし。
一応「してしまった」と想定して書いていきますが、少しだけ意外な展開。
一線を越えたことではなく、一葉とした、ということについて。
第1話の入りから見て、最初に瑛と結ばれて、その後、穹と、かなぁ、なんて漠然と思ってましたので、一葉と、というのが少し意外でした。

悠のしていることを知りながら、そしてじっと自分の感情を抑え、ため込んでいるように見えた穹が、今回少し「承認」したかのような発言をしていたのもひっかかるところで、今回のエピソードを見る限り、近親ほにゃららの虻乃丸博士な展開にはならないのかも、なんて少し感じてしまったわけですが、なんせまだ第4話、これからさらに展開が動いてくるのかも。

・一葉の心、瑛の心。
YosuganoSora04-01.jpg
YosuganoSora04-02.jpg
YosuganoSora04-03.jpg

一葉の練習しているヴィオラ、父への想いの投影だったんですね。
父に褒められて、それが嬉しくて始めたヴィオラ。
でも隠し子がいると知ったときの衝撃、裏切られた気持ち。
今回はさらにその奥にある、もっと深い父への想いが描かれてましたね。

やひろさんが、悠に対して軟化しているのが、少し「あれ?」とは思ったのですが、お乳がきれいだから、まいっか。(笑)

倒れた瑛に動揺する一葉、その一葉に対して、自分の気持ちを見つめさせる瑛。
YosuganoSora04-13.jpg
YosuganoSora04-14.jpg
YosuganoSora04-15.jpg

同性同士、というのは回数にカウントされるのかなぁ・・・。
この作品、接吻描写がねちっこく、しかもいろいろヴァリエーションがあるのが良いですね。

両手でカップを持って飲む瑛がなんか可愛いかったので、記念に。(^_^;
YosuganoSora04-16.jpg
現時点では瑛は一葉の恋心を応援している、つまり悠に対して執着とか強い恋心とかはなさそうなんですが・・・このままなのか、変化していくのか。

・穹の変化。
一方、少しだけ悠に対して、同調的・・・でもないかな、瑛とは違う角度で悠を見つめているかのような態度になってきた穹、なんですが、こっちはもっと複雑ですね。
ワタクシとしては、禁断の妹コースにいってほしいんですが・・・。(^_^)

一葉に「好きだ」と告白した悠、そしてそれを聞いていた穹。
「相談くらい、のるのに」
「家族でしょ」
YosuganoSora04-04.jpg
悠、意識してます。
こんな体制になったからといって、普通、妹にはしません。(笑)

ともかく、この穹の悠に対する歩み寄り、あるいは学校に行くことによって、そして瑛と知り合って兄以外の人と心が通うようになって、社会性の芽ばえ、なのかしらん。
ワタクシとしては、屈折した感情を抱えていて、それをなんとかおさえつけようとしている、といった方向性の方が好みなんですが、はてさて、どうなりますか。

・お乳なメイド。
久しぶりのエロメイドと、みそぎの瑛。
YosuganoSora04-05.jpg
YosuganoSora04-06.jpg

夏の田園風景を背景にしたこのメイド衣装、ミスマッチ感がすごいですね。(笑)
まぁ、岡嶋さんですし、出てきていただけるだけで良し、としておきます。
本編よりむしろチビキャラ劇場での活躍が素晴らしいですしね。

瑛にみそぎは、後半に一葉のものすごい場面がありましたので、やや印象が弱まってしまいましたが、きれいなお尻です。
瑛にはプロレスのようなヒーヒー暴れ回る悦痴を期待しています・・・たぶんそうはならないでしょうけど。(笑)

・幼・瑛と、幼・一葉。
瑛の身寄りがなくなったときの回想。
YosuganoSora04-07.jpg
YosuganoSora04-08.jpg
YosuganoSora04-09.jpg
YosuganoSora04-10.jpg

か、か、か、かわええええ。
今も十分可愛いんですが、たぶん中学生時代、かな、この破壊力たるや・・・。
あんまり似てないので、どちらも母親似、つまり2人の父の女性観が秀逸だった、ということですかね。
でも瑛は少し父親の面影があるかな。

・父と瑛、そして一葉。
YosuganoSora04-11.jpg
YosuganoSora04-17.jpg

瑛の頭をなでる姿に、かつての自分を見て、父の本当の気持ちを知る・・・。
しかしそれすらも一葉には既にわかってて、ただ自分の気持ちに対して整理がつかなくて、といったところかな。
父親の描写はほんとに少ないんですが、2人を通してかなり明確に人物蔵が描かれていますね。

たぶん巫女正装な瑛。
YosuganoSora04-12.jpg
YosuganoSora04-18.jpg

今回は一葉メインの話でしたけど、瑛ももちろんかわゆいです。
逆境にもめげず、太陽のように明るいその姿。
これが悠との間でどう変化してくるのか。

・求め合う一葉と悠。
YosuganoSora04-19.jpg
YosuganoSora04-20.jpg
YosuganoSora04-21.jpg

さて、今回のメインイベント、ばっこんぱっこんタイム。

当然のように、逆光で隠されまくりでしたので、比較的見えたところをメインに記録しておきます。
なんかもうAT-Xでないと意味がない、なんて意見もあるようですが、このくらいの作画水準ですとソフト購入は規定路線ですので、なんとか我慢もできます。
これくらいの水準になりますと、逆にソフトで鑑賞するときの期待値も跳ね上がりますしね。

まずはお乳責め。
YosuganoSora04-22.jpg
YosuganoSora04-23.jpg
YosuganoSora04-24.jpg

一葉、でっかいもんね。(^_^)
それにしても一葉、嬉しそうな表情してますなぁ。

まさぐりあい、求め合う若い2人。
ほとばしる情熱と、あふれだす想い。

上の次は下へのアタック。
YosuganoSora04-26.jpg
YosuganoSora04-27.jpg

もちろんこちらが本命。(^_^)
悠くんが手慣れていた感じも少しあったので、初めてではないのかなぁ・・・。
これくらいの手順を踏んでますと、若さゆえの初動暴発を引き起こしてしまいそうなんですが。(^_^;

悠くんの方が下を脱いでないので、むつみ合っただけで、実はしていません、という解釈も、ギリギリ残してますね。
まぁ、ここまでやってたら、そういう解釈が可能だとしても、あんまり言い訳にはなっていないと思われますが。

大喜びの一葉と、事後のキスでしめ。
YosuganoSora04-28.jpg
YosuganoSora04-29.jpg
YosuganoSora04-30.jpg

しかし、合体しちゃうと、物語の進行として、悠が他の女子とは結びつきにくくなるように思うのですが、そのへんどうなるのか、今後の注目点のひとつかな。
もちろん、このまま一葉ルートの線上でいろんな気持ちを処理していく、という流れでもかまいませんが。

早い段階で一線を越えてしまいましたので、今後の楽しみも、大きいですね。
スポンサーサイト


テーマ:ヨスガノソラ - ジャンル:アニメ・コミック

ヨスガノソラ | 22:02:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。