■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヨスガノソラ 第5話 ヤミアキラカニ
[悠は昔、この町に住んでいた頃のこと、そして瑛と山へセミを捕まえにいったことなどを思い出す。そしてその途中、瑛が大切な母の思い出の品、ペンダントをなくしてしまったことも。悠は瑛の元へ行き、今からでもそのペンダントを探そう、と言い出して、山へ入っていくが、その場所は3年前の土砂崩れで地形が変わっていた。その夜、風呂を借りていた悠のところに、瑛が入ってくる。]

瑛が強引に風呂に入ってくる場面がエロすぎて、ちょっと冷静に書けなくなってなっています。(^_^;

そんなわけで、今回はポイント抜き出しで。

・瑛の分岐。
サブタイ「ヤミアキラカニ」の右に、A3・・・と出てましたので、第3話からの、瑛・分岐エピソード、てことなんですかね。
前回までが一葉シナリオで、今回から、たぶん2話、瑛ルート、てことなんでしょう。
アマガミ・システムの、もっとゲーム寄りな印象かな。
アニメとしてはアリかもしれませんが、統一した作品としては、やや弱くなる印象かなぁ。。。
作画水準の高さが尋常ではないだけに、ちょっと残念だったりしています。

とはいえ、今回の瑛の見せ方なんかは、大満足ですけどね。

・穹が見ていた写真から・・・。
YosuganoSora05-03.jpg
YosuganoSora05-01.jpg
YosuganoSora05-02.jpg

過去を思い出す悠。
厳密にはこの写真だけでなく、穹が示したクルスのお守りから、でしたが・・・。

・幼女巫女、瑛。
記憶の中によみがえる、幼巫女姿の瑛の、なんて可愛いこと。
YosuganoSora05-04.jpg
YosuganoSora05-05.jpg
YosuganoSora05-06.jpg

最初胸に輝いていたペンダントが、気から落ちたはずみで、行方不明。
結局捜しても出てこなかったんですが・・・あとでなにか影響してくるのかな。
しかし、身の上の不幸を感じさせない明るさ、活発さ。
でもその裏で、一人の時に見せる切なく悲しい顔。
この境遇なればこそ、という一面もあったのでしよう。
瑛ルートは、身の上が悲惨なだけに、その心情が見ていて伝わってきやすいですね。

・山へ探しに。
ここでも穹が、悠のでがけに顔を出して、しっかりとその姿を物語の中に刻印しています。
YosuganoSora05-07.jpg
いろいろルート分岐はあるようですけど、トータルとしてのヒロインは穹、ていうことになるのかなぁ、というか、なってほしいですが。
ただ、一葉ルートでもそうでしたけど、瑛ルートでもヤンデレ化する気配がないので、メインのエピソードに来るまでは、存在感を見せつつも、脇に徹しているもよう。

・川に落ちる瑛。
YosuganoSora05-08.jpg
あとで出てくる風呂場の描写、そして祭りでの舞の奉納ともに、ここでの川の描写は、実に綺麗でした。
うっすらと服が透ける瑛のようす、というのも、この綺麗な野の自然の中で引き立ちますね。

・入浴乱入。
YosuganoSora05-09.jpg
YosuganoSora05-10.jpg

「入っちゃった」
・・・大昔、まだ明石家さんまが、東京に拠点を移す前、深夜放送なんかでやっていたネタ「来ちゃった」を思い出してしまいました。(^_^;

この風呂場なんですが、いかにも田舎の風呂場、という感じがして良いですね。
YosuganoSora05-11.jpg
YosuganoSora05-12.jpg
モデルは北関東らしいですけど・・・あんまりそういう地域性を感じさせず、近畿や中部辺りの、田舎の大きな家なんかにしつらえられたイマドキの風呂場という感じがよく伝わってきます。
五右衛門風呂とか出されると、田舎というより、大昔、という印象になりますから。

・浴槽乱入。
まずはカラダを、きれいきれいに。
YosuganoSora05-13.jpg
YosuganoSora05-14.jpg
YosuganoSora05-15.jpg
YosuganoSora05-16.jpg

このくらい緻密な作画でしたら、湯気隠しもそんなに腹もたちません。まぁ、どのみちソフトを買うし、というのもありますけど。

そして浴槽へ。
YosuganoSora05-17.jpg
YosuganoSora05-18.jpg

瑛の方から、というのも瑛の境遇、田舎という環境から、かなり先入観ではありますけど、ありそうだなぁ、と思ってしまったところ。
こういった田舎の開放性と、後ででてくる閉鎖性、そこそこうまくすくいあげている感じですね。
キャラのデザインとか、かなり美化が入っているとはいえ。

・「なんか固いのがあたったよ」
YosuganoSora05-19.jpg
YosuganoSora05-20.jpg

よかったですねぇ、ふにゃふにゃしたものが、でなくて。(笑)
俗に言う、臨戦態勢、というやつでしょうか。

・「キョーミ、ある?」
YosuganoSora05-21.jpg
YosuganoSora05-22.jpg
YosuganoSora05-23.jpg

すいません、脳が沸騰しかけました。(^_^;
一葉ルートを見てますと、本番は次回かと思うのですが、ほとんど本番級ですね。
いや、実際本番だったのかもしれませんが。

・事後。
YosuganoSora05-24.jpg
YosuganoSora05-25.jpg

このすっきり満足気持ちいい、という表情を見てますと、1回ではなかったみたいですな。(笑)
若さに任せて・・・といったところがうかがえる、とってもスケベな事後風景でございました。

・瑛の母。
行方不明なだけで、生死不明、昔の悠・母の記録が残っているけど、たぶん該当箇所と思しき場所が抜き取られ、おそらくそれを呼んでいる瑛、という描写。
穹も呼んでたのかなぁ・・・。
この辺、サラッと流してましはたけど、けっこう重要な転換点になりそう。

・一葉の母。
夏祭り、一葉の母と出会う瑛。
しかし一葉の母は、瑛の前を無視して通り過ぎ・・・。
YosuganoSora05-26.jpg
YosuganoSora05-27.jpg
YosuganoSora05-28.jpg

これ、瑛や一葉の視点で描かれているので、残酷な女、冷たい場面、辛い状況、に見えますが、もっと引いて見てみますと、一番怒っていいのは、この一葉の母ですよね。
瑛本人に罪がないとか、そういったことではなくて、情として、女の身として、存在そのものが許せない、そういう感覚。それは痛いほどわかります。
父が瑛をそれなりに気にかけている、という描写が一葉ルートのときにありましたので、認知できない理由云々は、この一葉母の方の意向がかなり反映していそうですが、まぁ浮気をされた側、しかも誕生日が同じ、というのは、同時進行でやっていた、ということでしょうから、よけい許せないでしょうしね。
かといって、父を責めることもできない。
それは瑛の存在そのものを否定しかねなくなりますから。
つらいところですけど、こういった情の部分が、田舎特有の閉鎖的なムードの中で、ねっとり描かれていたのは良かったと思います。
もちろん、この完成度の高い作画体制があってこそ、という条件つきではありますが。

・舞の奉納。
YosuganoSora05-29.jpg
YosuganoSora05-30.jpg
YosuganoSora05-31.jpg

舞いながら、思わず涙をこぼしてしまう瑛。
もちろん、瑛の方の、悲しい気持ちもしっかり伝わってきます。
一葉や悠に愛されてはいても、ついぞ手にすることのなかった暖かい家族のぬくもり、自分の存在そのものの故に拒絶され、悲しませてしまう状況。
悦痴抜きでも十分おもしろいし、完成度の高さを見せてくれるのですが、その悦痴な部分の完成度、作品性も高いので、困ってしまいます。・・・いや、もちろん嬉しいんですけどね。(笑)

さて、この血の問題、どう決着がつくのやら。

みそぎの瑛を回顧しつつ、しめておきます。
YosuganoSora05-32.jpg
スポンサーサイト


テーマ:ヨスガノソラ - ジャンル:アニメ・コミック

ヨスガノソラ | 22:04:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。