■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そらのおとしものf 第6話 
[アストレアがウサギ小屋でウサギの餌を食っているのを目撃した智樹たちは、1日だけアストレアを智樹のクラスの転校生扱いで移籍させることに。だが智樹が成績不良のため補習を受けていると、女子からの悪口が聞こえてくる。そこでアストレア、ニンフ、そはら、美香子らを交えての、クイズ・かしこい子選手権を、皆の見ている前で開催することにする。]

劇場版が決まり実にめでたい!・・・と思っていたら、公式の発表によると、次回から「黙示録編」というのに突入するわしいので、脳天気なおバカメインのストーリィとしては、今回で一応一段落、なのかな。
今回はコメディの方により深いウェイトがあったので、いつものキャラ萌えの悦痴い展開はやや影をひそめてましたが・・・いや、それでも十分エロかったですか。(^_^;
そはら以外のクラスメイトもけっこう可愛いかったですしね。

・ウサギ小屋でウサギの餌を食べるアストレア。
SoranoOtoshimonof06-01.jpg
空腹に耐えきれず、しかも人間社会のモラルとか、人間の尊厳とかっていうのとは無関係なアストレアと、それを見てかわいそうになってしまう智樹たち、という対比構図かな、と思ってたんですが、あとでダイダロスが
「インプリンティングがまだとけない」とかなんとか言ってましたので、今回のエピソードは、この場面も含めて全体が、アストレアがいかにして過去の呪縛を自ら解いていくのか、ということにつながってくるのでしょうか。
イカロスがさりげなくアストレアと智樹との間の接点をつなぎ止めようとしているところとか、単なるハーレム要員ではない、非常に重要なやくどころとなってきつつあるようです。

・転校してきたアストレア。
さっそく「身体測定」と称して、智樹のセクハラボディチェック。
SoranoOtoshimonof06-02.jpg
SoranoOtoshimonof06-03.jpg
SoranoOtoshimonof06-04.jpg

・トモ子に化けて、女子更衣室へ。
しかし、変換しているのは肉体だけで、意識とか人格とかそのままなので、これはこれで実にエロい、れずんれずんな状況にも見えますな。
これは「男の娘」でもないし「百合」でもないし、でも破廉恥な倒錯は十分堪能できるしで、実に素晴らしい状況でございますな。
しかし、まだ男子中学生なので、
「ウェストはどうでもいい、バストだ!」と乳まわりに急接近したところで、殺人チョップ女の幼なじみが乱入。(笑)
SoranoOtoshimonof06-05.jpg
SoranoOtoshimonof06-06.jpg
SoranoOtoshimonof06-07.jpg

いやぁ、おきまりのパターンなんですが、そこが実に心地よいですね。(^_^)

智樹が補習を山のように受ける前に、授業風景が少し映ってたんですが・・・。
中学生なのに、なんで平均変化率やってんでかすか。(笑)
学制時期によって、三角比を中学でやったかどうか、根の公式を中学で終えてるかどうか、あるいは高校の頭で「数学史」があったかどうかで、年齢がわかってしまったりする、というトラップはけっこう有名ですが、それでも平均変化率は、中学ではしないと思います。(中高一貫の6年制私学だったらギリギリあるかな)

・補習。
ともかく、補習だったんですが、なぜか美香子会長まで。
SoranoOtoshimonof06-09.jpg
課目が道徳と聞いて、皆さん納得。(^_^;

・3人娘登場。
今回後半の、影の引き立て役だった、
「智樹を腹の底から毛嫌いしている」3人娘も、ここで廊下から登場。
SoranoOtoshimonof06-08.jpg
公式サイトによりますと、左から、
中井凛(ショートカット)CV:本多真梨子
柳沢千夏(ツインお団子)CV:合田彩
小金井花音(ロング+ヘアバンド)CV:高橋夢波
・・・ということらしいです。
えーと、ロングの花音ちゃんが、実にかわゆいですね、このあとの、かしこい子選手権にも観客で出てきますが。

公式サイトの脇役のところを詳しく読みますと、前回守形がシナプスで見た少女、日和は、過去の人物ではなく、現在の世界で、智樹のクラスメイトでいるようですな、ちょっとどこにいたのかまでは確認できませんでしたが。
ただこの日和、公式サイトを見てますと、かなり重要なキーパーソンになりそうなので、今後注目ですね。

・クイズかしこい子選手権。
補習を受けた4人+アストレアで、かしこい子選手権。
司会が守形で、問題がイカロス・・・かなり問題操作してましたが。(^_^;

失敗すると、下のはてなボックスへ落とされるアップダウンクイズ。
早速、美香子会長が道徳の問題を失敗して、真っ逆さま。
SoranoOtoshimonof06-10.jpg
SoranoOtoshimonof06-11.jpg

タコ地獄だったようです。(^_^;

続いて、そはら、アストレアも、それぞれ悦痴ボックスに落ちて、公衆の面前での視姦状態。(笑)
SoranoOtoshimonof06-12.jpg
SoranoOtoshimonof06-13.jpg

智樹もきちゃないとこにおとされたんですが、そっちは精神衛生上よろしくないので、回顧しません。(笑)
そんな中、ニンフが着実にポインをあげていきます。

しかしアップダウンクイズっていったい何年前、と思って調べてみたら、1963年から1985年、だそうですので、終了してから既に四半世紀過ぎてんですね。
○ート製薬なパロもどこかに入れてほしかったですし、シルエットクイズもほしかったところですね。

・イカロスの問題操作。
女子全員を敵に回し、その神経を逆なでする智樹のストーカー本能を存分に発揮するプライバシー侵害問題の数々。
「見月そはらの3サイズは?」
「浅香舞子さんの入浴時間は?」
SoranoOtoshimonof06-14.jpg
ガネッコ浅香さん、赤面。
ちなみにそはらの3サイズは、92-59-84だったそうな。(^_^;

続いて3人娘のぱんつの色。(笑)
SoranoOtoshimonof06-15.jpg
SoranoOtoshimonof06-16.jpg

思わず臀部や股間をおさえる3人娘の動揺ぶり・・・、いつもしっかりと覗かれていた、ということですね。

しかし、そはらみたいな巨乳美少女を一人確保してるわけですから、別に他の女子に嫌われても本能がみたされるならそれはそれで、ということかもね。
まぁ、リアル世界ではし、十分犯罪になりますが。(笑)

・サーヴィス問題にも関わらず・・・。
自分の中の「漢」と戦う智樹。
なんかよくわからんサーヴィスカットもでてきましはたが、あえてはずしてしまい、優勝はニンフ。
SoranoOtoshimonof06-17.jpg
SoranoOtoshimonof06-19.jpg

アストレアと、「おばかけっていせん」・・・ということになりますが、アストレアの場合、演算端子がそもそもそなわっていない、という感じがしてしまいますね、あんなににちゃんとした感情があるのにあそこまでバカだと。

しかしイカロスの目には仲良くなっていきつつある、と映っていたようで、このアストレアが心の呪縛から解き放たれる時が、現時点でのイカロスの目標なのかも。
SoranoOtoshimonof06-18.jpg
SoranoOtoshimonof06-20.jpg

EDは『Xボンバー』でした。
いやぁ、懐かしくて、涙が出そうでしたけど、今回のエピソードとはそれほど共通項がなかったような・・・。
公式サイトを読みますと、守形の中の人、声帯出血してしまったとかで、ご苦労さまでした。
しかし、この歌にする経緯も書かれてたんですが、監督は乗り気じゃなかったのに、制作の方が薦めたようですね、普通は逆だと思うので、ちょっと珍しいかも。

『Xボンバー』っつったら、ラミアちゃんがひたすら可愛いかった、というのが、一番印象深いですのう。

Cパート、というほどでもなかったですが、ラスト、あの謎の少女が「ダイダロス」という名前らしいこと、そしてシナプス・マスターによってさらに強力なエンジェロイドが投入されるもようですが、その顛末が「黙示録編」ということなのかしらん。
SoranoOtoshimonof06-21.jpg
次回から、少しシリアス度が増すのかな?
スポンサーサイト


テーマ:そらのおとしものフォルテ - ジャンル:アニメ・コミック

そらのおとしもの | 22:58:29 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
>兎の餌を口にするアストレア
ニンジンスティック、と考えると奇妙に納得できる場面の
ようにも思えます。余談ですが、栃木県にある観光牧場に
行った時、馬の餌にニンジンスティックを1カップ100
円で売っていたんですが、馬たちが檻の隙間から「おくれ、
おくれ!」て口を差し出してくるのを、(私が)首を振っ
て格子の合間から差し入れると、一転して軽く会釈をする
ようなそぶりでパクリとやるのが、何気に可愛い仕草だっ
たり...

>思わず臀部や股間をおさえる3人娘の動揺ぶり・・・、
直接見えなくてもエロは表現できるって事ですね。
そういえばパソコンもビデオも高価で手に入らなかった
時代にはブルーテープなんて物が高価で売られてたりして。
でも、それをはるかに凌駕するような場面が特に年齢制限
も無く表現されている今のアニメは考えてみれば凄いですね。

何より凄いのは、そういった表現が惜しげもなくぶち込まれ
ていながら、作品としてのバランスが崩れない事と考えてい
ます。そらおとだと、シリアス・ギャグ両方で「桜井智樹」
というキャラクターが見事に作品世界を支えていますね。
シリアスパートでは「蒼月潮(うしおととら)」で、
ギャグパートでは「諸星あたる」のように、って感じで(^^;)

でも後半がシリアスパートとして5話半(次のスイカ...は
半分ギャグでしょうし)もある、という事はかなりオリジナル
展開が入りそうですね。

あるいはシリアスを4話前後で片付けて、エピローグ代わりに
原作でも指折りのお馬鹿エピソード「ヨーヨー釣り対決」が来る
のかもしれません(番宣ポスターのイラストにも描かれてますし)。

シナプスの男「封印を解いて~貴様だな」のセリフは原作にも
あったんで了解済みだったんですが、イカロスが封印されている
「あの」カットにはドキリとしました。かなりの人に1話のあの
場面がフラッシュバックしたのではないかと....第二期が製
作されて本当に嬉しいと思った瞬間です(^^)
2010-11-12 金 20:50:34 | URL | K&K [編集]
最近は時間的理由で分析とかまったてくやってませんが、演出も細かいところまで目が届いているのがわかります。
なんといっても作画力、そのセンスの良いキャラ絵が目立ちますけど、アングルとか、画面への入り、抜き、なんかは実に巧みです。
あまりに自然なんで、絵ではないカメラワークで見せているような錯覚にさえ陥りますしね。

智樹のキャラクターに関しては、チビキャラでコメディ、設定頭身でシリアス、と、きれいに分けられているのも、視覚的には明確です。

スカートをおさえるところ、たぶんぱんつくらいは見せても大丈夫だったろうとは思いますが、それをせずに、スカートの上からおさえることで、いろんな妄想を刺激するとともに、臀部の丸みとか、腿の輝きとかがしっかりと印象づけられますので、こういったあたりも、表現の勝利、といったところです。
いや、ほんとによくできた作品ですよ、本作。

まぁ、ストーリィに関しては、第2期が終わってから原作を楽しもう、と考えてますので(逆に劇場版は、しっかりと原作をおさえてから行きたい心境です)、今後の楽しみとしておきたいです。
第1期の、あのメリハリの効いたしめくくりを見てますと、たぶん同等かそれ以上の展開を見せていただけると信じていますので、まぁ、酔わせてもらおうかな、と。
2010-11-13 土 15:14:37 | URL | 白石みかげ [編集]
>第1期の、あのメリハリの効いたしめくくりを見てますと、たぶん同等
>かそれ以上の展開を見せていただけると信じていますので、まぁ、
>酔わせてもらおうかな、と。
思い出しました。昔、「ターミネーター2」を初めて劇場で観た時、二
人のターミネーターがジョン少年を挟んで対峙した瞬間、パイオニア
で発売されていた「予告編」LDを観ていた事を思いっ切り後悔しまし
たっけ(^^;)

予備知識が無ければ、あそこは最高のどんでん返しだったのに...
みかげさんのスタンスは最善だと思います。

そういえば第一期の最終話なんですが、DVD版ですとC-PARTが
加わっているのはご存知ですか?
エンディングの余韻があまりにも素晴らしいので異論があるかもしれ
ませんが、これはこれでなかなか良いです。
2010-11-13 土 23:55:40 | URL | K&K [編集]
DVD特典映像(・・・という言い方はこの場合ちょっと変ですが)について、以前、『コードギアス』でやってしまったときに、まだ見ていなかった友人たちにすこぶる評判が悪かったので、極力触れるのはやめよう、と思ってました。
そんなわけで、購入予定までは書いても、購入以後のことについては触れないようにしていますが・・・、まぁ、その辺は察してください。(^_^;

それとは逆に、劇場版とかは、絵を上げたりしない限り、たぶん大丈夫だろう、とは思いますし、感想記録も残したい、とは思ってるんですが、どうも行くのが終わり間近のことが多いので、結局はたせず・・・、といったところです。
初日とか早い時期の、特定層でごった返している雰囲気って、かなり苦手なのです。
かといって、劇場の雰囲気はソフトでは味わえませんから、後で購入予定だとしても、極力行きたい、とは思ってるんですけどね。

劇場版に関しては、上にも書きましたように、お金を払ってくる客層が中心、つまり、積極的にもっと深いところを見たい層に対して、というニュアンスがあるでしょうから、当然こちらもしっかり原作を呼んでいくのは礼儀でもあり、楽しめないから、とも感じています。
もっとも、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』みたいに、原作を全然読まないで劇場に行って、なおかつ楽しめたこともあったりはしますが。(^_^;
2010-11-14 日 21:56:33 | URL | 白石みかげ [編集]
>まぁ、その辺は察してください。(^_^;
納得です。これは私の勇み足だったかと思います。
失礼しましたm(_ _)m

>初日とか早い時期の、特定層でごった返している雰
>囲気って、かなり苦手なのです。
私もです。ただエヴァ破だけは嬉しい例外で、(公開初日
だったのですが)皆が周りに迷惑をかけないように、セット
の飲み物やポテトに一切口を付けなかった(そういった物
音が皆無)のがありがたかったです(13年も待たされた、
という事もあるのでしょうが^^;)。

>積極的にもっと深いところを見たい層に対して、というニュアンスがあ>るでしょうから、
角川書店は、その辺りのニーズに確実に応えてくれますね。

「なのは」
「ハルヒ」
(未見ですが「Fate」)

そして

「そらおと」

と、嬉しいラインアップが続きます事、楽しみです。

(今回はコメントが何度も重なって済みませんでした。
 嬉しくて書いていると止まらなくなってしまって(汗)
 ここでで区切ります。)
2010-11-14 日 22:37:54 | URL | K&K [編集]
私のコメントについては、それほどお気になさらずに。
好きな作品であれば、いろいろ語りたくなるのは、皆同じでしょうしね。もちろん私もそうですし。

エヴァ破も初日じゃなかったですなぁ・・・、初日、そんな風だったんですか。
事前にそういうことがわかってれば、初日でもいいんですが、どうも初日は苦手です。

今年前半の『なのは』『ハルヒの消失』はほとんど最終週でした。(^_^;
これは初日が苦手、とかっていう以上に、映画館の前に行列ができていて、あれを見て行けなくなってしまいました。(笑)
私が行ける範囲の上映館が、けっこう客席が少ない映画館だった、というのも、かなり影響していたようでしたけど。
『Fate』だけはわりと早い週に行けましたが、あれもタイミングがうまくあったから、といったところでしたし。

本作の劇場版に関しても、行くのはかなり後の週になるでしょうけど、作画チームが良いので、かなりスクリーン映えするんじゃないかなぁ、と今から楽しみです。
2010-11-15 月 18:14:04 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。