■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そらのおとしものf 第8話 空に響く天使達の声
[「愛ってなあに」ほほえみながらカオスがニンフを痛めつける。智樹の姿になって心身両面から。そはらと一緒にいる智樹の姿を確認したイカロスは、ニンフを連れて行った智樹が別のものであることを知り、ニンフの元へ。だがカオスは智樹に化けて、イカロスに自傷命令を出す。イカロスによってその場から脱出できたニンフは、通りがかったアストレアに助けを求めるが、アストレアには、シナプスから「ベータ破壊命令」が下される。]

ぞくぞくするくらい良かった。ちょっと感動してしまいましただよ。
4人のエンジェロイドの心の動きが絶妙で、しかもそれぞれに深い・・・なんかとんでもないものを見せていただいた心境です。

まず、ニンフ。
自らの羽の喪失をいつまでも引きずっていて、自身の戦闘能力の低さとか、みじめだった自分の過去の境遇、そしてマスターを得ているイカロスとの比較、言うに言われぬ劣等感、でもどこかに頼りたい心。
そして、アストレア。
智樹の言葉によって、自分の心に目覚めるところが、秀逸。
「あいつなんか・・・」と言いながら「私も好きになっちゃったわよー」
カオス。
「愛ってなあに」・・・これが第2世代として強烈な力を得ながら、カオスに欠けていたもの、だったんでしょう。
愛らしさの中にひそむ狂気、デモーニッショな笑顔、豊崎さんの声質がこの幼くも可愛い残虐さにぴったりとあってました。
そしイカロス。
自分では愛が説明できない。「私にも愛がなにかわからない」でも、
「マスターのことを考えると動力炉が痛い」
「マスターに危害が及ぶことを思うと動力炉が痛い」
・・・と涙を流しますが、イカロスには感情が不十分だった、という設定を思うと、この言葉足らずのところもまた、深くて良いですね。

加えて、戦闘場面の動画、原画。
よく動いていたし、原画もきれいに描かれていて、作画面でも大満足。
というわけで、場面回顧も交えつつ、もう少し細かく振り返っておきます。

・ニンフの絶望、悲しみ、そして希望。
ここ数回のニンフの心の動き、まさにここに集約されていたんですね。
その絶望。
SoraOtof08-01.jpg
SoraOtof08-02.jpg
SoraOtof08-03.jpg

智樹とそはらの会話と同時刻に進行している、この悲劇。
かけつけたイカロスによってなんとか逃れますが、この時点で既に「感情」が自律的に動き始めていたような、そんな印象のイカロス。

攻撃能力が低く、電算能力と感情能力に特化したニンフは、ある意味エンジェロイド中、最も豊かな感情を持っていた、ということなんでしょう。
暴力的な意味では決して強くないですが、人間的な強さ、という点では図抜けてますね、人間じゃないですけど。

イカロスが身を挺して逃がしてくれても、たぶん苦戦を強いられることを知って、戻ろうとするものの、羽がもうないことを思いだし、さらに悲しみの淵へ。
そこにきたアストレアにイカロスの助けを求めるものの、アストレアに地上降下後、初めて下るシナプスからの命令。
「ベータを破壊しろ」
シナプスからは、惨めな捨て駒扱いだった頃のことも思い出させられて、ニンフの悲劇は、なお一層深化。
SoraOtof08-04.jpg
SoraOtof08-05.jpg

ここ数話での、ニンフの心の軌跡を丁寧に追いかけていってくれてたのが、ここに来て花開いたようです。悲劇の花ですが。

智樹がまたかっこいいんだなぁ、ここでの登場。
爆発音を聞いて、エンジェロイドがらみだ、と悟り、そっとそはらとのデートを抜けて(ここの、そはらに心配かけさせまいとする配慮もまた心憎い)アストレアに
「それは本当におまえの意志なのか」と問い、ニンフには
「(いろんな人間くさい感情を持っても、夢を見ても)オレはそれでいいと思う」と、全身でニンフを受け入れ、肯定する姿。
感情があふれるニンフ。
SoraOtof08-06.jpg
SoraOtof08-07.jpg
SoraOtof08-08.jpg

ダイダロスが後で、アストレアを解説して、
「電算能力はつけなかったけれど、それは必要なかったから」みたいなことを言ってましたが、ニンフに関しても、感情と電算能力に特化させて、攻撃能力をそれほど強化しなかった、というのも、この帰結を見ているとなんとなく必然だったのかな、という気がしてきます。
シナプスがその扱いを、嗜虐的なエゴに用いたために誤ってしまいましたけど、正しく使えば強い絆、強い心を持つ、素晴らしいパートナーたりえる、ということですね、奴隷としてではなく。

・アストレアの戦い。
SoraOtof08-09.jpg
SoraOtof08-10.jpg

感情との連携がある程度あるニンフよりはやや落ちるものの、こちらも瑞々しく豊かな感情。
そのアストレアの心をふみにじるような、シナプスからの命令。
智樹の登場によって、ニンフ抹殺を後回しにしたときの、アストレアのセリフ。
「あとで必ず殺してやるから」
イカロス破壊命令を受けて、カオスとイカロスの現場に急行しつつ、自分に言い聞かせるようにつぶやくことば。
「ダウナーなんて、見下ろして踏みつぶすだけでいいのに」
このあたりの、アストレアの感情の高まり、電算能力、知力を超えるなにかが付加されてくる、そんな印象でした。
いいですね、心が目覚め、はじけていく瞬間の描写。
「そんなにあいつが好きなの? あいつなんか、あいつなんか」
「私も好きになっちゃったわよー」
SoraOtof08-11.jpg
SoraOtof08-12.jpg

ニンフの智樹へのだきつき、そしてこのアストレアの叫び。
前半に2つも山場のくるとんでもない構成。
見ていてもうまったくの釘付け状態でした。
カオス「それが愛なの?」
アストレア「わかんないわよー、わかんないわよー、私、バカだもん」
アストレア「でもこれは自分で決めたたことだもん」
アストレア、それが愛だと思うよ。

イカロスもアストレアも、なぜ命令を厳密に遵守しなかったのか。
アストレアの場合の感情、そしてイカロスの場合の、智樹との接触期間とその密度、濃度。
いろんな想像ができそうですけれど、この感情=心の問題、というのは、実に有効に機能していますね、エンジェロイドの性格、設定に。

アストレアの、本格的な戦い。近接戦闘に特化。
SoraOtof08-13.jpg
SoraOtof08-14.jpg

空中戦も想定しているため、近接戦闘、というのが、高速で相手の懐へ飛び込む、ということですか。
最初登場したときは、陸上だったこともあって、格闘戦専用な印象もあったんですが、どうもまともに歩行できなかったり、美香子の大相撲でもそれほどむちゃくちゃ強いってことでもなかったので、本来はこういった3次元的な空間の中での「近接戦闘」ということだったのですね。
だとすると、あんまり知力、というのも必要ないかな、とも見えます。
主武器は相手を切り裂く矛と、寸法は小型ながら、十分全身を覆うことのできるイージスの盾。

一時は相手の武器を切り裂くものの、カオスの「距離を取っての撃ち合い」という遠距離戦闘への切り替えにより、苦戦。

・そのカオス。幼い狂気。
SoraOtof08-15.jpg
SoraOtof08-16.jpg
SoraOtof08-17.jpg

冒頭、ニンフを心理的に追い詰めるために、智樹、美香子、そはらへと次々と変身していくんですが、口に特徴がありますね、カオスの変身。
言ってみれば、ザラブ星人の、つりあがった目つき、みたいなもんですかね。(^_^;

ノーマル戦闘時の冷酷で、幼い狂気を秘めた表情、声。
SoraOtof08-18.jpg
SoraOtof08-19.jpg

豊崎さんの名演、というか声質が、この純粋さをひめた残虐さにピッタリあってた、てところかなぁ・・・。
最後まで知的好奇心の方が、心よりも上回っていた、自身の生命よりも上回っていた印象でした。
自己修復で復活したイカロスに敗れましたけど、末期を描いてなかったので、あるいはまだ生きているのかな。

・最後に大きな見せ場、ヒロイン・イカロス。
ニンフを投げて逃がしたものの、カオスの化けた智樹の自傷命令には逆らえず。
SoraOtof08-20.jpg
SoraOtof08-21.jpg

しかしニンフは逃がしているし、自身の破壊についてまも完全に命令を遂行したわけではないので、従っていない、とも見えます。
ニンフ、アストレアと違って、感情機能が強化されていない、ということを考えると、2人よりも心の動き、めばえ、といったものの意味が深く、重く感じられますね。
それだけ智樹との接点によって、機械的な命令機序としてだけではなく、経験としてひかれていった、ということなんでしよう。
言ってみれば、本来の機能といった先天的なものではなく、後天的に進化させていった、そんな感じ。

イカロスの戦い。
アストレアは弱点を見抜かれて窮地に陥りますが、イカロスの自己修復の時間を稼いでいた、という意味で、それなりに使命は十分はたした、ということのようでした。
もっとも、アストレア自身にそんな自覚は皆無だったでしょうけど。
この一連の、アストレア~イカロスの戦い、動画がすばらしい動きをしていて、そのあたりも感動ものでした。
SoraOtof08-22.jpg
SoraOtof08-23.jpg

滅び行くカオスの最後の問いかけ。
「ねぇ、わたし、愛が知りたいの」
これに対するイカロスの答え、今回のクライマックマス。
「わからない、私も愛が何なのかわからない」
「でもマスターに危害が加わることを思うと、動力炉が痛い」
SoraOtof08-24.jpg
SoraOtof08-25.jpg
SoraOtof08-26.jpg

ニンフの涙も、アストレアの「自分で決めたこと」も、イカロスの動力炉の傷みも、それが、学習によって後天的に知った愛、なんでしょうね。
先天的に最初からインプットされていたものよりも、経験により、自身の中へとりこんでいった心、感情、愛。
そして最後までそれを知ることもわかることもできなかった、カオス。
同時にそれは第1世代を作ったダイダロスと、第2世代を作ったシナプスの男、2人の制作者の心でもあったのかも。

・そのダイダロスも少しだけ。
SoraOtof08-31.jpg
横から見ると、けっこう乳、デカいですね。

恐るべきカオスの襲来も、これで一段落でしたけど、この後の余韻の残るしめも、また良い詩情が漂ってました。
アストレアに救出されるイカロス。
SoraOtof08-27.jpg
SoraOtof08-28.jpg

カオスの問いをアストレアにもするイカロス。
でも、アストレアはもうわかっちゃってるんですよね。
概念としては理解できていないけど、感情としては、もう既に。

イカロスもわかっているんですけどね、ただそれが結びつかないだけかな。
感情が強化されていない、それゆえの動力炉の過剰起動、ととれなくもありませんし。

ニンフの帰還。
SoraOtof08-33.jpg
SoraOtof08-29.jpg
SoraOtof08-30.jpg

ニンフがそのへんの理解は一番深いでしょう。
それに「知性としての承認」を認めるかどうかは別にして。

屋根をブチ破って帰ってきたイカロスとアストレアがお仕置きを受ける、といいつもの日常が戻ったところで幕。
SoraOtof08-34.jpg
SoraOtof08-35.jpg

ひと皮むけた二人の表情が実に良いですね。
そしてEDが村下孝蔵の「踊り子」とは、なんて心憎い。
EDセンス、相変わらず秀逸です。

というこで、なんかまだまだ書き足りないのですが、一応ここで閉めておきます。
素晴らしいエピソードでした、今年を代表するエピソードのひとつ、と言っていいんじゃないかな、という気がします。
スポンサーサイト


テーマ:そらのおとしものフォルテ - ジャンル:アニメ・コミック

そらのおとしもの | 22:48:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。