■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第9話 俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない
[ここ数日、妙にそわそわしている桐乃。その原因は、注文した妹ゲームが届かないことだった。ある日曜日、待望のゲームが到着して大喜びの桐乃は、早速、自室にこもってプレイする。同じころ、黒猫は自宅で実の妹の世話をし、バジーナは注文していた衣装のチェック、そしてあやせは仕事先で、桐乃への誤解を深めていた。]

・ダメなOP。(笑)
OreImouto09-01.jpg
OreImouto09-02.jpg
OreImouto09-03.jpg
OreImouto09-04.jpg
OreImouto09-05.jpg
OreImouto09-06.jpg

これ、例のゲームのヤツの宣伝ですかね。(^_^;
ゆかりんをオチに使ってるあたり、良い感じでございました。
加奈子って、実は本作の良心の部分だと思うんですが、全然出てきませんな。

で、しばらくなりをひそめていたエロゲネタが復活。
これさえなければ平行する状況が微妙に食い違ったりからんだりしてきて、けっこう面白いお話だったんですが・・・。

えろげ、えろげ、と言っても、そののズバリな部分の描写はなかったので、単に単語だけの問題で、これをコンシューマー系のギャルゲにしておけばそんなにまずいこともなかろうとは思いますが、それだとたぶん商品として弱くなるんでしょうなぁ、困ったものです。(^_^;

ということで、そういったところには極力ふみこまず、気に入ったところだけ簡単に回顧しておきます。

・黒猫と妹。
最後のところを見ると、2人いたんですかね、妹。
OreImouto09-07.jpg
OreImouto09-08.jpg
OreImouto09-09.jpg

今回エロゲに感情移入しすぎの桐乃と、この妹がかなりの収穫。
そんなに露出は高くなかろうとは思うものの、低学年っぽさとか、無条件に姉に従い、なついているところとか、可愛いくて良いですな。

・勘違いするあやせ。
OreImouto09-10.jpg
電話に出ない桐乃に、
「勉強しているときは集中しているのね、さすが」とか言ってましたが・・・。
勉強には違いなかったですかね、いろいろと分岐を書き出して攻略してましたから。

・お嬢様なバジーナ。
OreImouto09-11.jpg
おまい、ほんとに女子ちうがくせいか、とつっこみたくなる、お嬢さまな、バジーナの場面。
衣装が届いてご満悦でした。

・黒猫の私生活。
ジャージ姿で畳の和室で妹達の世話。
そして役になりきっての電話とか、こっちもこっちで、適度な痛さが快感です。
えろげがからんでいない分、桐乃よりはまだ安全・・・BLがからんでそうなので、そうとも言い切れませんか。(^_^;
しかしなにげにうまいですね。
OreImouto09-13.jpg

・ドア越しの嬌声。
部屋の間取り、特にベッドの位置について、桐乃側のブラコンを証明する配置になっている、という指摘はいろんなところで見てたんですが、今回のこれで、ほぼ確定ですね、壁越しにベッドがあった、というのが。
実妹の嬌声は・・・一般的な感覚では確かに聞きたくないですな。
えろげ的な感覚では、話が別なんでしょうが、その辺に突っ込んで、戻ってこれなくなるのもいやなので、この辺で。

エンドイラストは、ぽよよんろっく桐乃でした。
OreImouto09-12.jpg
スポンサーサイト


テーマ:俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(下期) | 01:13:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>黒猫と妹。
最近思うんですが、この作品は演出も実にしっかりしていますね。
ちょっと見には「日常の侘しさを紛らわせている」ように見えないでもない
黒猫の振る舞いが「妹(の思慕)」と組み合わさると実に暖かいふくらみを
持つようになる気がします。膝で寝ている妹に優しく毛布を掛ける仕草と
キョーアクな電話の内容のギャップが楽しく笑えますね(^^)
このエピソードの印象と対比すると、桐乃のエロゲ内の「属性」に対する
執着やバジーナの「落差」も抵抗無く楽しめる気がします。
考えてみれば、この作品が「生理的に」痛いものだったら、とうの昔に見
る気が無くなっていたでしょうし、ここまで引っ張られたのは制作者側の
術中にいつのまにか嵌っていたのかもしれないと思いました^^;





で、こちらでは毎週月曜日深夜なんですが、次回第10話は(私的には)
そらおと9話に匹敵する傑作でした(大汗)

2010-12-09 木 23:50:36 | URL | K&K [編集]
物語の造形センスは相当高いと思います。
なんたってメインライターが倉田さんですし、こういうキャラの繊細な心情をコミカルに描くのは抜群にうまい人ですから。
今回は原作の人が脚本でしたし、コメディよりの良いところがいっそう強く出てました。
大して筋が進んでいないのに、状況コメディとしてしっかり見せてくれて、桐乃、黒猫、バジーナ、あやせの人物像をしっかりと見せてくれて、キャラ属性とかそういうのを超えてしまった人間性が描けている、というあたりは、本当にうまいし、キャラをどう見せて、どう描いて、というのを実によくわかってるなぁ、という感覚になります。
第1話のときに、ちょっとなぁ、と感じた、兄妹描写も、最近はかなりひきつけられる展開にしてくれてますし。
写真で3人のつながりが暗示されていた、という見せ方も心憎いやり方でしたし。

問題はただ一点、禁断の木の実をつまんでしまっている点。
このあたりについては、あまり深入りしたくないので細かくは書きませんが・・・。

黒猫の日常ギャップは面白かったですね、実に良かったです。
しかも隠れてこっそり、ではなく、妹達の前で堂々とやってて、そのときの日本間の背景、妹達の顔なんかも良い効果でしたし。
そしてもちろん、幼い妹に対しては、しっかりと愛情があって、というのも良いポイントで、黒猫の好感度、急上昇、といったところですかね。(^_^)
2010-12-10 金 21:46:20 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。