■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ジュエルペット てぃんくる☆ 第37話 アルマの叫びにドッキ☆ドキ!
[祐馬を強引にジュエルランドへ連れていったアルマは、母フェアリーナを目覚めさせる魔法を得るため、バッデストの封印を解こうとする。それを阻止すべくやってくる泉のドラゴンやレオン達も、アルマの強力な魔方によって動きを封じられてしまう。同じころ、フェアリーナが眠りについた理由を聞いたあかりは、アルマに真実を伝え、彼女を止めようとする。]

うわぁ、またもやいいところでひくなぁ・・・。
「アルマが泡になっちゃう」・・・な展開になるのかしらん。
祐馬と一緒にいると魔法が強くなる反面、やがて泡となって消えてしまう。
フェアリーナがやろうとしていたことをアルマがやれば同じようにアルマ自身も封印されてしまう。
それでも母に会いたいアルマ、孤独をいつも背負っていたアルマ。
もうどっちへ転んでも、アルマの悲劇にしか発展しそうにないんですが、どうなるのかなぁ。

・アルマの圧倒的な魔力。
JP_Twinkle37-01.jpg
この世界で神に等しいジュエリーナと、互角かそれ以上、ということでしたので、当然とはいえ、泉のドラゴン、西の森のおばば、モルダヴァイト校長、ハーライト先生、レオン、ミリア、沙羅、ニコラ、といった面々をあっという間に動きをとめてしまい、しかもついにバッデストの魔法を発見。
しかもこれ、傍らに祐馬くんをかかえて、ですからね。

祐馬くんは魔力こそないけど、アルマの力を増幅させたり、夢見ができたりと、なにげに重要なファクターを見せて、バッデストの魔法が眠るジュエルリングの中へ。

・祐馬とアルマ。
追ってきたあかりが、リングへ飛び込んで説得。
おばばから預かった魔方の杖で見せる、フェアリーナの真実。
しかし頑なにそれを拒絶するアルマは、あかりを吹き飛ばそうとして、その前に立ちはだかり、あかりをかばう祐馬。
JP_Twinkle37-02.jpg
JP_Twinkle37-03.jpg

この辺のキャラ絵の迫力、すばらしかったですね。
魔法を何ももたない祐馬が、強大な力を有する双子の姉アルマの前に立ちふさがって、
「(アルマはあかりの魔法をちっぽけだ、と言ったが)桜は一つ魔法を使える」
「オレの心に魔法をかけた」
祐馬くん、カッコよすぎ。とても小学生には見えません。(^_^)

孤独の辛さを少しだけ吐露してしまったアルマに対して、同じ「母のない子」であった祐馬くん、しかしその心には、孤独に置き換わる存在がしっかりとある、ということですね。
この辺はっきりと言及されてませんでしたけど、母をなくしてつらい心でありながら、アルマと祐馬の間には明確な差がある、それが桜あかり、という存在。
この場面、ぞくぞくするくらい良かったです。
「桜あかりが祐馬にかけたたった一つの魔法」
これについてもこれ以上は語ってなかったのですが、見ている学齢児童とかはどう感じたのか、興味ありますね。
祐馬くんもあかりちゃんの事が好きなんだ、ということはしっかりと伝わりますが、その細かなところ、この魔法とか、アルマと祐馬の孤独の違いとか、そういったことはわからないかもしれません。
でも、この場面が何を伝えようとしているか、というのは明確ですし、今わからなくても、時間が経てば皆わかるようになる、そういう暖かい作りで充されているような、そういう深みも感じます。

・アルマの悲しい叫び。
そして、男装変身を解いたアルマの叫び。
JP_Twinkle37-04.jpg
JP_Twinkle37-05.jpg

なにやらバッデストの魔法に捕われてしまうあたりでこっちの場面は閉じてたんですが、ダークな結末して見えません、どうなるんでしょう。

アルマの心のよりどころが、善意でもって、そして残された肉親の情によって覆らされようとしている、そんな悲しみもありましたし、アルマといい祐馬といい、見ていてほれぼれするキャラですね。

その吹き飛ばされた祐馬とあかり。
「あかり、君はどこに落ちたい?」
JP_Twinkle37-06.jpg
・・・なんていう場面ではもちろんなく(笑)、魔法の球の中で、デレデレな2人でございました。
JP_Twinkle37-07.jpg
アルマの魔法のいましめを解いた校長以下がかけつけてきて、以下次号!

次回、花の封印、ということなんで、たぶんバッデストそのものは封印される方向になるんでしょうけど、アルマの運命はどうなるのか、フェアリーナの復活もあるのか、どっちに転んでもすばらしい内容になりそうです。

26話、30話に続き、このエピソードも今年最高傑作級でした。
第3クールに入ってからの、本作の物語品質の高さ、もう舌をまかされっぱなしです。
もちろん、キャラ絵もすばらしかったですしね。
次回もこんな感じを期待したいところ。
スポンサーサイト


テーマ:ジュエルペット てぃんくる☆ - ジャンル:アニメ・コミック

ジュエルペット てぃんくる☆ | 00:21:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。