■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
探偵オペラミルキィホームズ 第12話 ミルキィホームズの帰還
[トイズを取り戻したミルキィホームズの4人と、怪盗帝国の戦いが続く。ストーンリバー、トゥエンティ、ラットを倒したものの、アルセーヌはあまりに強く、ついには幻惑のトイズさえも、実体化させてしまう。シャロが持ち上げた岩場によって戦いの舞台は中空へと移るが、ついにその岩場もメテオによって砕け、勝負は痛み分けと成る。だがその衝撃で、再びミルキィホームズはトイズを失ってしまうのだった。]

すばらしいしめくくりでございますな。
最後に出てきた森・アーティってのがいかにも第2期の含みっぽかったですけど、テレビ放映としては、たぶんこれで終了でしょうから、一応最終回として書きます。

前半のすさまじいサイキックバトル、そして後半の破壊的なギャグというか、ひでーパロでしたので、もう十分すぎるくらい堪能させていただきました。
間違いなく、2010年最強のコメディ作品だったと言えるでしょう。

前半、アルセーヌとの戦い。
MilkyHolms12-01.jpg
MilkyHolms12-02.jpg

トイズの力がどんどん大きくなる5人。
アルセーヌ:幻惑のトイズが実体化。
シャロ:念動力が桁外れ。物体浮遊化からエネルギー衝撃波まで。
ネロ:機械を操る→機械を産みだし、作り出す能力。
コーデリア:超感覚が、未来予知へ。
エリー:怪力というより、ほとんど衝撃能力。
中でもネロが、羽みたいな機械を背中につけて飛び回ったり、アルセーヌの雷撃を食らったりと、大活躍。
MilkyHolms12-03.jpg
MilkyHolms12-04.jpg

いやぁ、ミルキィホームズとは思えないくらい、よく動いてました。
中割はさすがに追いついてませんでしたけど、あれくらい派手な動きを見せてくれれば別段問題ありません。

シャロが岩場を中空に浮かせて、さながら宇宙空間のバトルみたいになってましたけど、胸のボヨヨンにぶつかって、アルセーヌがアンリエットだと判明する、ひでー展開。←褒めてます。
MilkyHolms12-05.jpg
MilkyHolms12-06.jpg
MilkyHolms12-07.jpg

マスクをはぎ取られて困惑のアルセーヌ様が、幼げで実にかわいかったでごじゃいます。(^_^)
MilkyHolms12-08.jpg
「アンリエットではありません」
「その言い訳は無理です」
「アンリエットってどなたですか」
「まだ言うか」
吊り橋の上での変身のときに気づかなかったシャロが言ってもなぁ。。。(^_^;

しかしこのボヨヨンでわかってしまう、というのも、古代ギリシアの仮面劇みたいで、なかなか興が乗っておりました。
思えば「ボヨヨンの女」から、ギャグ仕立てにしつつも、しっかりとネタを仕込んできた、といったところですか。
伏線ではなく、ネタとして、ですね。

後半。アルセーヌの「メテオ!」で、岩場が割れて、皆地球へ流れ星のようになって落下。
ここで、今回最大の強烈なパロギャグが炸裂。
MilkyHolms12-10.jpg
MilkyHolms12-09.jpg

まず、流星を見ながら、アイリーンが前回から固まったままの小衣に、
「ココロちゃん、あなたは何を願ったの?」
「早く人間になりたい」
「世界が平和になりますように」
・・・このあたりで次のネタがわかりましたが、とりあえずここは、009と『妖怪人間ベム』ですね。

続いて流星となって落下するシャロとアルセーヌ。アルセーヌが
「シャーロック、あなたはどこに落ちたい?」
MilkyHolms12-11.jpg
ご存じ『009第5部・地下帝国ヨミ』のラストシーンですね。
あれもまぁ、けっこう元ネタ(ブラッドベリ)があったりするんですが、それはともかく、シャロではなくアルセーヌが言った、というのが、けっこうなポイントでした。

前半の戦いの中で既に、アルセーヌが、
「強い相手と戦うことによって自身も強くなれる」といって、あそこまでミルキィホームズに肩入れしていた理由が語られてましたが、戦い終わって、再びそれを宣言。
MilkyHolms12-12.jpg
この後の表彰式できれいにしめてもよかったんですが、さすがはミルキィホームズ、そんな並なしめくくりにはしませんでした。

落下の衝撃で、アンリエット→アルセーヌ・・・ということを忘れてしまった4人、同時にトイズも再び消失。
MilkyHolms12-13.jpg
MilkyHolms12-14.jpg

この唖然とするアンリエットの表情。

なるほどねぇ、この、かつてあった強大な力を喪失してしまった少女たち、というのが、本作の基本テーマということなんですな。
従って、ここぞというときにしか、トイズの発動がない、というターンがしっかりと戻ってきた、ということのようです。

それでさすがにこれで終わりだろう、と思ったら、新キャラを出して、シメ。
MilkyHolms12-15.jpg
森・アーティ・・・もちろん、あのモリアーティ教授なんでしようけど、CVさんが男性でしたので、女装男子なのかな?

こういう出し方をされると、『ケメコ』公式があてはまってしまい、第2期がなくなってしまうように感じるのですけどねぇ。。。
ともかく、第2期に期待しています、とだけ書いておきます。

総括としては、10月期の最高傑作級、と言っていいでしょう。
始まる前、こんな佳作になるとは思いもつきませんでした。
時間的にも資金的にもきつかったらしいのですが、まだまだ日本アニメには、こういった困難な状況でもアイデアとセンスで、グレードが引き上げられる可能性を秘めている、ということなのでしょう。
すばらしい作品をありがとう、と言いたい気持ちでいっぱいです。
当然ソフトも買わせていただく所存です。

キャラ的には、あんまり言及しませんでしたけど、実はエリーが一番好きになってました。(^_^;
エリー>アルセーヌ>小衣>咲>アイリーン>その他、かなぁ。。。

最後に、屋根裏部屋を掃除して待っててくれた、アンリエットさんを回顧して、閉めておきます。
MilkyHolms12-16.jpg
スポンサーサイト


テーマ:探偵オペラ ミルキィホームズ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(下期) | 23:12:20 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
あけましておめでとうございます。
本年も宜しく御願いします(五月蠅いコメンターですが、適当に
相手していただければ幸いです^^;)

年末の「Dynamite!!~勇気のチカラ2010~」で長島☆自演乙☆雄
一郎選手がミルキィホームズのコスプレで入場していましたね
(しかも担当声優のコスプレサポート付きで!)。すごい事する
なぁと思ってみていたら、試合の方も2ラウンド頭に鮮やかな膝
蹴りが決まって、総合格闘家の青木選手を見事KOしました。
なんか空手バカ一代というか、キックの鬼を熱い思いで読んでい
た時代に一瞬タイムスリップしたようでした(ただひとつだけ我
慢できなかったのは、応援している一般のファンに、紅白の巫女
服を着た太った男がいた事。選手とファンは立ち位置が違うだろ
っ(怒))

>時間的にも資金的にもきつかったらしいのですが、まだまだ
>日本アニメには、>こういった困難な状況でもアイデアとセ
>ンスで、グレードが引き上げられる可能性を秘めている、
>ということなのでしょう。

みかげさんの仰る通りだと思います。
それに10月期の各作品と先年の劇場版の佳作ぶりを見るにつけ、
今の「KADOKAWA」なら更に凄い事をやってくれるんじゃ
ないか(というか、凄いものを引き出してくれるんじゃないか)
と思いますね。

実は「Fortune~」の方もあのラストは劇場版を睨んだ展開なので
はないかと、密かに思っているんですが(^^;)

ミルキィホームズはノーマークだったので、DVD(レンタル;;)
で見ようと思っています。一瞬動画〇〇〇で、と誘惑もよぎったん
ですが(汗)、これだけ佳作続きだと、やっぱり制作者に報いる形で、
なにより納得のいく画質で見たいですね(^▽^)
2011-01-02 日 21:18:57 | URL | K&K [編集]
今年もよろしく
大晦日はミズキナーナーしか見てませんでした。(^_^;
あのハートキャッチ・・・AKBなんちゃらが、音程はずすは、声が裏返るはで、ちょっとしたギャグになってたのが、なんともかんとも。
歌わずに後ろで踊ってろ、という気がしなくもなかったですが。
まぁ奈々さんの引き立て役、として見れば、それはそれで、かな。

ミルキィホームズは、ワタクシも第一話を見るまで、完全にノーマークでして、一応「沼田+Q太」コンビですから、何回かに一回は絵のセンスが良いときがあるだろうから、それだけを目当てに、と思ってたら、とんでもない勘違い。
良い方向で予想が完全に覆ってしまい、もう毎週、こちらの放映日である土曜深夜が待ち遠しくて仕方がない、といった感じでした。

それでも作画限定では、10月期のハイクォリティ作品、『ヨスガ』『フォルテ』『禁書2』『ブレイブ』『FA』『薄桜鬼』等々といった作品と比べるとかなり落ちるかも知れないのですが、それを補ってあまりある作品力。
10月期云々ではなく、今年を代表するコメディ作品だったんじゃないか、と思います。

現場は火の車らしかったんですが、是非第2期を作ってほしいですね。
2011-01-03 月 17:55:10 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。