■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魔法少女まどか☆マギカ 第1話 夢の中で会った、ような・・・
[見滝原中学2年、鹿目まどかはある日、ふしぎな夢を見る。いつものように幸せな両親と、弟のいる家から登校してみると、そこには夢で見た同じ少女が転校生としてやってくる。その少女・暁美ほむらも、なぜかまどかのことを知っていた。親友さやかと下校途中立ち寄ったCDショップで、まどかは不思議な体験をする。]

新年期待の1本、華麗にスタート。
ダアク系魔法少女とか、血だまりスケッチとかいろいろ言われてますけど、第1話を見るかぎり、花丸です。
こういう世界観、ドラマ作り、大好き。

前半を見て「バリバリにシャフトやな」
後半を見て「バリバリにウロブチやな」・・・(^_^;
まだまだモティーフが提示されただけで、世界観は伝わってくるものの、お話の細部には謎がいっぱい。
でも、ここに盛られた暗く重い、それでいてミステリアスで美しい情景、非常に良かったです。
今期の柱になることは間違いないですね、面白そうでしたし、趣味にもあってます。

一応この第1話では、まどかとさやかの、ほむら、マミとの出会い、そしてキュウべぇとの接触、といったところで、マミとほむらがどういう関係なのか、まどかとさやかの目の前で起こった魔的なイリュージョンがいったい何なのか、マミの語った魔女とは何か、そういったものは、まだ素材として投げかけられただけ、でしたけど、強い物語線を感じさせてくれる見せ方、演出には、ゾクゾクしっぱなしです。

まどかサイドからは、
夢→幸せな家族→それを崩しかねない新たな災厄の予兆、といった構成にも見えましたが、はてさて、今後こういったモティーフがどう料理されていくのか、第1話を見る限り、傑作の予感と、物語のふくらみ感で、ワクワクしてしまいました。

・アバン。夢の少女。
まず、まどかのすてきな脚部に始まって、はかなげに舞う黒髪の少女が映ります。
Madoka_Magica01-01.jpg
Madoka_Magica01-02.jpg
Madoka_Magica01-03.jpg

すくに夢だったことがわかり、まどか「夢オチか・・・」
しかしもうアバンから重要なモティーフがばんばん出てきてましたね。
Madoka_Magica01-05.jpg
Madoka_Magica01-06.jpg

そしてOP、だったんですが、なんかもうヤバゲな映像がバシバシ映ってたんですが、同時にそこに、今後の展開を暗示する材料も、盛り込まれてて、止めながら見てますと、もうここだけで一つの物語になっているような、情報量。
サーヴィス的には、まどかがもうひとりの自分と、裸身のまま抱きあうシーンの、肉付きの描写のすごさ、に目がいってしまいますが、それ以外のモティーフも実に意味ありげでしたね。
わかりやすいところとしては、さやかと一緒にいた男の子とか、ですけど。

録画したものを、コマ送りしつつじっくり見返すと、さらに面白さが倍増しそうです。
さすがにOPまで取り上げていられませんので、機会があれば、別の項でOPだけ取り上げてみたいと思っています。
とりあえず、OP後半に映った、まどか、さやか、マミのショットを回顧しておきますが、マミのペットになっている動物、現時点ではまだ情報公開されてませんよね。
Madoka_Magica01-04.jpg
あれくらい濃い情報を詰め込んだOPって、かなり久しぶりな感じでした。

さて、アバン、OPとともに、今後の物語の、基盤条件を作っているような感じの、まどかの幸せな家庭、家族。
どうやらママさんが働いているバリキャリ(後で出てくるさやかのセリフから)らしくて、パパさんは主夫なのか自由業なのか、ともかく家庭菜園を営んでいる様子。
家族はもう一人、弟らしいのがいたんですが、こちらはまだ幼児みたい。
ともかく、そのバリキャリのママさん。
Madoka_Magica01-07.jpg
この幸福な家庭環境がひっくり返るのか、なんらかの危機を迎えるのか、ほむらのセリフを考えると、この「幸せ」というものが、ゆらぐような鬱展開が期待されるところですね。

あと、美術。
シャフト作品では『ef』2部作というとんでもない先例がありますので、この程度は当然なのかもしれませんが、実に凝った、ほんの少しだけ未来を暗示させるインテリア、建物でした。
まどかの住む大きな家、菜園、そしてあわせ鏡のある洗面台。
Madoka_Magica01-08.jpg
Madoka_Magica01-09.jpg

学校の教室は、ふんだんに光をとりこんだ透明感のある教室でしたし、個々に孤立したデザイン性のある机、iPadみたいな白板、廊下や食堂の空間的広さ、CDショップの清潔感を通りこしたような採光感覚でしたし、美術も実に個性的。

登校するまどかは、食パンを加えていく、というベタなことをしてたんですが、それをもぐもぐ食べてしまう描写を入れて、親友たる美樹さやか、志筑仁美と合流。
Madoka_Magica01-10.jpg
Madoka_Magica01-11.jpg
Madoka_Magica01-12.jpg

この食パンを押し込むように食べる動画一つとっても、細かな所まで実にしっかり手が入っている、という感じでした。
短髪さやかが喜多村英梨さん、お嬢様の仁美が新谷良子さん。
個々での会話、そして次の教室の場面で、まどかの母が、まどかの友人や学校関係者のことをしっかり知っている、ということが判明するんですが・・・ママさんも同じ教師なのかな?
さやかが「バリキャリ」って行ってましたので、たぶんそれはないと思うのですが。
ともかく、担任の早乙女和子先生。前日まで続いていた恋も、ついに破局したばかり、らしいです。(^_^;
Madoka_Magica01-13.jpg
こちらは、中の人がなんと岩男潤子さんでした。
・・・すみません、エンドテロップ見るまでわかりませんでした。(^_^;

ここまでが仕込み。
そしていよいよ登場、転校生の、暁美ほむら。
Madoka_Magica01-14.jpg
Madoka_Magica01-16.jpg

この登場させ方、アングルとか、カメラアイとかが、実にクール。
美しく神秘的で、謎めいたほむらを明確にショットとしてとらえてました。
それゆえに、すぐ後で、まどかの「幸福感」に歯がみするシーンが入っても、そんなに違和感なく見られるんですよね。

まどかが夢で見た少女、そしてそのまどかを知っていたほむら。
保健室に連れて行って、という名目で接近してきますが、この上から見下ろした冷たい表情。
Madoka_Magica01-15.jpg
この段階では、まどかに好意的ではない、といったところなんでしょうね。
「家族や友達を大切にしてる?」
「だったら今とは違う自分になろうと思わないことね」
当然これは、キュゥべぇとの、魔法少女契約に対する警鐘なんでしょう。
ところでこのほむら、中の人が斉藤千和さんだったもんで、なんとなく、がはらさんのイメージがチラチラ出てきてしまったり。
もっとも、がはらさんに比べると、ほむらの方が黒さに湿度がありそうですけどね。

学業優秀、体育万能、のほむら、いろいろ噂するさやか。
Madoka_Magica01-17.jpg
Madoka_Magica01-18.jpg
Madoka_Magica01-19.jpg

そして帰りによったCDショップで聞く、助けを呼ぶ不思議な声。

ここの、現実世界と、魔法世界との境界のなくなり方もまた、黒くて、魔術的で、実に良かったです。

この声に呼ばれて、あるフロアに出ると、底が突然暗転し、えたいのしれないものが浮かび上がる美術背景。
そして現れる影。
Madoka_Magica01-33.jpg
それは転校生、ほむらの姿。
Madoka_Magica01-20.jpg
呼んでいたのが、たぶんこの先、『なのは』におけるユーノ君的なはたらきをするであろう、キュゥべぇという存在でしたが・・・追われて傷ついているもよう。
その傷をつけたのが、追ってきたほむらだったのか、ほむらがその傷をつけた相手を追っていたのか、まだ少しわかりませんでしたけど、まどかにとっては、かなり危険な存在だったようです。

さやかがここに現れた経緯がやや見づらかったですけど、展開としては、これもまた良いアクセントになってました。
消化器で、まどかを救うさやか。
Madoka_Magica01-21.jpg
Madoka_Magica01-22.jpg

魔的空間と化すロア、そこを逃げるまどかとさやか。
この変幻する背景が、蠱惑的でなかなかよろしい。
同時にノワールで、ダアクな雰囲気も漂ってますし。
Madoka_Magica01-23.jpg
Madoka_Magica01-24.jpg
Madoka_Magica01-25.jpg

魔法少女、あるいはこの世界における魔法、魔女、というのが、どういう「気」をまとっているのか、という強い暗示がなされているようです。

この美術一体になった醸し出される雰囲気が、暗くて実によろしい。
こういう世界観の、「魔女」的な魔法少女、待ってたんですよ。
明るくキャピキャピした魔女っ娘も良いですが、漆黒の闇の中で情念の黒い炎に浮かび上がる魔法少女、というのも、もっと出てきてほしい、と思ってましたのでね。

この出口の見つからない空間を逃げる中、突如現れた新たな超常の少女。
この辺の見せ方、登場のさせ方も実に心憎いです。
魔法少女ミズハシ!・・・じゃなかった、1年上の上級生、巴マミ。
Madoka_Magica01-26.jpg
Madoka_Magica01-27.jpg

自己紹介の前に、すませることがある、といって、妖かしの者を討つマミさん。
なんかおっぱいが大きいかったので、そのうち、良い変身シーンになったら、じっくりねっぷり観察したいと思います。

このマミさんが、ほむらと対峙するところで、エンドテロップが出て、第1話終了。
いやぁ、実に面白い。
もちろん、モティーフとして幾多の謎が蒔かれてますので、まだはっきりとは全体像が見えませんけど、暗い情感、とてつもなく深そうな物語ライン、といったあたりが、視聴していてビンビン伝わってきます。
去年の1月期はとんでもない不作でしたけど、今年は、よしんばこの後の作品が全部駄作だったとしても、本作だけで十分戦えそうな気がする、それくらいのパワーと深さをもった作品のように感じました。
はっきり言って、めちゃくちゃひかれてます。(^_^)
コメディ基調で物語ラインの強い作品、というのは、去年も『メイド様』とか『てぃんくる』とかありましたけど、シリアス基調でこれだけ物語ラインの深い作品って、かなり久しぶりですしね。

さて、最後の、マミとほむらの対決を見て、しめたいと思います。
Madoka_Magica01-28.jpg
Madoka_Magica01-29.jpg
Madoka_Magica01-30.jpg

マミが、今ならまだ魔女に追いつくから、手柄を譲ってやる、みたいなことを言ってましたので、明確な敵、ではなさそうでしたが・・・。
しかし立ち去らないほむらに対して、マミさん、一喝。
「のみこみが悪いわね、見逃してあげる、て言ってんの」
魔法少女ミズハシも、かなり黒そうです。ワクワクしますな。(^_^)
Madoka_Magica01-31.jpg
うん、やっぱりデカいです、マミさん。

その後キュウべぇが、さわやかに
「ボクと契約して、魔法少女になってほしいんだ」
・・・て言ってたんですが、マミやほむらの雰囲気がダアクすぎるので、なんかめちゃくちゃ浮いてたような。(笑)

これ1クールなのかなぁ、こんなにすばらしい作品ですので、2クールくらい見たい気分なんですが。
ともかく、来週も期待しています。
Madoka_Magica01-32.jpg
スポンサーサイト


テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

魔法少女まどか☆マギカ | 04:11:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。