■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魔法少女まどか☆マギカ 第2話 それはとっても嬉しいなって
[キュゥべえとマミによる魔法少女の解説。キュゥべえはたったひとつだけどんな願いでも叶えることができる。だがその願いが叶うと、魔法少女になって魔女と戦う使命が課される、という。それは命をかけた危険な戦い。マドカとさやかは、命を引き替えにしてでもかなえたい望があるのか、と自問する。それを考える間、2人はしばらくマミについて、魔女退治の体験をしてみることになる。]

前回を受けて、マミとキュゥべえによる、魔法少女と魔女の説明から。
ChidamariSketch02-15.jpg
魔法少女がどうやって生まれ。何と戦うのか。
マミとキュゥべえによって語られたことを振り返ってみますと、まず、魔法少女。

・キュゥべえによって、なんでも一つだけ願いが叶えられる。
・その願いと引き替えに、キュゥべえが魔法少女にしてくれる。
・魔法少女は魔女との戦いを義務づけられる。
・その魔女との戦いは、死と隣り合わせの危険なものである。

絶望や悲しみをもたらす魔女を退治することが、魔法少女の務め、だが魔女は人には見えず、奥深いところにじっと隠れている、ということ。

そして魔女と魔法少女の対立軸。
・願いから生まれた魔法少女。
・呪いから生まれた魔女。

ところが、この対立軸のさらに下に、魔法少女同士でも、魔女退治の見返りを求めて抗争があって、ほむらがまどかを狙っていたのも、まどかではなくキュゥべえが目当てで、それはまどかを魔法少女にするのを阻止するため。

・・・だいたいこんなところだったんですが、魔法少女の説明がマミとキュゥべえ側からのみもたらされていたこと、
まどかがほむらに対して「ほんとに悪い子なのかなぁ」と感じていたこと、
マミの態度がときどき上から目線の時があって(学年が一つ上なのでそのせいかも知れませんが)ちょっと冷たく感じることがあるなど、ひょっとしたら、この敵対関係って、将来逆転するんじゃないだろうか、なんか不安もありますね。
マミが自殺しかかったOLを助けたり、ほむらが攻撃たところを救ってくれたのは確かなので、魔女側とか、敵対する、とかっていうのは、現時点では考えにくいですし、思わせぶりなだけで、そっちへは行かないようにも思うのですが、どうも2人の表情を見てると、マミとキュゥべえによって語られた以上のことが、背景にありそうな気分にさせてくれます。

さしはさまれるカットにも意味深なものが多くて、提示されている情報をどこまで心にとどめておくべきか、かなり悩ましい、それゆえ感じるだけでなくあれこれ予想する要素も提供してくれる、そういう面白さは十分にありますね。

全体的にはそんなところでしたけど、場面としても、奥行きのある深いものがありましたので、そのあたりも少し・・・。

○命をかけるほどの「願い」
まどかがママに聞いたのは「命をかけるほどの」という部分がなかったので、きわめて現世的な望みが語られてました。
ChidamariSketch02-01.jpg
・役員を2人ほどとばしてもらう。
・社長に引退してもらう。

対して、さやかの考え。
・世の中には、命をかけてでもかなえたい望みを抱えている人達がたくさんいる。
・そういうのが見つからない私たちは幸せバカなんだ。
ここで、病床のイメージがはさまれてたんですが、あれって一般的な意味でそういった望を抱えている人なのか、それともさやかの関係者なのか・・・。
OPでもさやかの横に立っている男子のイメージがはさみこまれているので、奥深い設定があるのかも、と
勘ぐってしまいますが・・・。
キュゥべえが「たいていの子は二つ返事だ」と言ってたことにも呼応してますし、この辺、実に深いですね、加えて暗示的ですし。
キュゥべえにとって、魔法少女が使い捨てのアイテムのような、そういう可能性も感じるんですが、さすがにそこまではしないかな。
魔女と同様、キュゥべえも人には見えない、という共通項を持っているのもひっかかりますし。

○マジカルマスケット銃。
銃器には詳しくないので、虚淵氏がtwiiiterで書いておられたことで知ったのですが、第1話での、マミが銃で一世射撃していた場面。
ChidamariSketch02-02.jpg
あそこは、マスケット銃が単発だったため、そういう描写になってしまったとか。
でも、そういった情報を頭に入れて見てみますと、前回同様今回も、あの無数に出てきたマスケット銃の描写のうまさ、面白さがバシバシ伝わってきますね。

そのあたりを中心に、今回、マミの色っぽさが目立ったバトルを回顧しておきます。
ChidamariSketch02-03.jpg
ChidamariSketch02-04.jpg
ChidamariSketch02-05.jpg

まず単発で発射されたマスケット銃、その後、棍のようにして振り回した後、サッと投げ捨てて、つぎは魔法で、次々と召喚。
帽子を一降りして現れさせたり、スカートから取り出したり。

マミの魔女退治につきあう、というか半分見学のような形でしたので、バトルはほとんどマミ主体。
しかしそれに先だって、準備をしてきたのはさやか。
カフェで金属バットを取り出してました。(^_^;
ChidamariSketch02-06.jpg
カフェで、こんなのを高々とかざしたら、通報されそうな気がするのですが。

ともかく魔女探索にむかう、マミ一行。
ソウルジュエルという、魔女と戦うための徴、そして魔女の所在を知る宝具のようなものに導かれて、ある廃ビルのようなところへ。
そこで、魔女に心を捕われ、投身自殺をしようとしていた女性を救出。
ChidamariSketch02-07.jpg
ChidamariSketch02-08.jpg
ChidamariSketch02-09.jpg

マミさん、肉感的ですなぁ。
お乳も中3とは思えない発育っぷりですし、太腿もぱっつんぱっつんです。
一方さやか持参の金属バットは、マミによってエスカリボルグ魔法のバットに変えられてしまってましたが、エスカリなんちゃらと違って、これは防御用だったもよう。

さて、今回のヴィジュアル的な見せ場は、このマミのバトルだったんでずか、次々と繰り出されるマジカルマスケット銃で、使い魔を撃退しつつ、魔女(人型ではなかったですが)に迫るのですが、途中、触手にとらえられてしまい、たいへん悦痴い場面に。
ChidamariSketch02-10.jpg
ChidamariSketch02-11.jpg
ChidamariSketch02-12.jpg

マミの肉感的なボディが、触手に捕われてつるし上げられるんですが、このとき、豊満なお乳が、重力の影響をしっかりと受けてるんですよねぇ。
・・・ミニスカは反重力スカート状態でしたけど。(^_^;
ChidamariSketch02-13.jpg
ChidamariSketch02-14.jpg

いやぁ、すばらしかったですね、ここの胸のふくらみが、さかさに吊されたことによって、顔の方に引っ張られている描写。
マミの豊乳さが、しっかりと確認できるすばらしい場面だったのではないか、と。

もっともこの程度は計算のうちだったのか、あっさり倒してしまいましたが。
しかしここで魔女が「人とは思えない姿」で現れていたことも、けっこうひっかかりますね、なにか意味があるのか、仕掛けが潜んでいるのか。
こういったところも含めて、マミの側からだけ与えられている説明に、少し疑念がわいたりするところでもあるんですけど。
たとえば、魔女は魔法少女のなれのはて、とかね。

今回、犠牲になりかかった、お乳なOLさんも簡単に回顧しておきますが・・・。
ChidamariSketch02-16.jpg
ChidamariSketch02-17.jpg
ChidamariSketch02-18.jpg

OLが廃ビルに入っていくとき、そしてマミ達が魔法回廊にはいっていくときと、壁にドイツ語で落書きみたいなのがしてあったんですが・・・、いかにも落書きっぽくて、全部は読み取れなかったのですが、一瞬でしたし、そんなに意味はないのかも。
『ef』のときも、似たようなこと、してましたしね、あのときは落書きではなく、背景として使ってたようでしたけど。
余裕があったらそのうち訳しておきます・・・誰かがもうしているでしょうから、それにのっかるかも知れませんが。(^_^;

その他、気になった場面を簡単に見ておきますと、まず、仁美さん。
朝、普通の人には見えないキュゥべえを通じて、テレパシーで行進することがわかり、驚くまどかとさやかの様子に気づいて、
「2人で目配せをして、目と目で語り合う仲になってしまった」と、かなりダメな方向に誤解。
さやかが「それは、ない」としっかり否定しているのに、すっかりそっちの世界へ。
ChidamariSketch02-19.jpg
ChidamariSketch02-20.jpg

これはたぶん、その様子を見て、自分の心の中にあったことを反映させているんでしょうなぁ、仁美ちゃん。
まどか-さやか間ではなく、仁美の方に、相当な百合願望があるめのではないか、と。(^_^)

そしてもう一人、今回はバトルには参加しませんでしたが、その視線が恐ろしいほどモノを言っていたほむらちゃん。
朝、教室で見かけたときには、わざわざ振り返ってまどかを凝視。
そして屋上ではまどか、サヤカに接近しつつ、その様子を見守っているマミの視線に一瞥しながら、近寄っていく、視線の迫力。
ChidamariSketch02-21.jpg
ChidamariSketch02-22.jpg
ChidamariSketch02-23.jpg

今回は寡黙なほむらちゃんでしたけど、存在感はビリビリ伝わってきます。
マミとほむら、まどかをとりまく強烈な外側の個性、そして背景にはまだまだ隠されてことがありそうなこと、等、第2話に入っても絶好調なドラマ構成でした。

ほむらの言っていたこと、幸せを失うかもしれない、ということ、そのことが、今後どういう形でまどかの上にのしかかってくるのか。
次回、「もう何も怖くない」・・・悲劇的な方向へはまだ進まず、タメが続く感じでしょうかね。

劇中、まどかが魔法少女のデザインを考えるくだり、エンドテロップによると、中の人が描いたそうな。
ChidamariSketch02-25.jpg
赤い色が血だまりを暗示していて、なかなかよろしいですな。(笑)

エンドイラストは、ぱにぽにの氷川へきるさんでございました。
ChidamariSketch02-24.jpg
スポンサーサイト


テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

魔法少女まどか☆マギカ | 06:02:42 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

魔法少女まどか☆マギカ 第2話 それはとっても嬉しいなって
第2話のあらすじ キュゥべえに魔法少女になってほしいと頼まれたまどかとさやか。 その見返りは、なんでも1つ願いを叶えるというものだった。 その代わり、魔女と呼ばれる敵と命がけの戦いに巻き込まれ... 2011-01-15 Sat 06:01:53 | crystal cage
(アニメ感想) 魔法少女まどか☆マギカ 第2話 「それはとっても嬉しいなって」
コネクト(アニメ盤)クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想も受け付けています。気軽に参加し ... 2011-01-19 Wed 16:33:37 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。